包茎治療にも種類がある!自分に合った治療法とは

包茎治療にはどんな方法がある?

多くの方が悩む包茎ですが、治療方法がわかっていないと中々不安でクリニックに行くことができないという方もいるでしょう。包茎治療にはさまざまな種類の方法がありますが、一般的なものが皮の一部を切除する種類のものです。仮性包茎なのか真性包茎なのか、包茎の種類によって治療方法は異なるものですが、どの種類の包茎も基本的には被っている部分の皮を切除し、短くした状態で再度接合する方法を推奨されます。
また、切除して接合する包茎治療とは言っても、さまざまな形態の手術が存在しています。例えば、包茎の種類に合わせて少しずつクリニック独自の包茎治療を提供しているところがあるほどです。美容外科など、多くのクリニックではより良い手術の方法が研究されているので、自分に合ったクリニックを探すことが大切になります。切除して接合する場合、手術跡が残ってしまうこともあるので、アフターケアが十分なクリニックを選ぶことも重要です。

切らずに治療する方法もある

包茎治療は、基本的に皮膚の一部を切除する形が主流ですが、中には「皮を切られるのはなんだか恐い」と思う方もいるでしょう。実は、包茎治療をする際に皮膚を切る必要のない治療方法も存在しています。これはクリニックの医師とカウンセリングしていく中で、軽度の包茎だと判断された場合に受けられる包茎治療になるので、重度の場合は受けられないことも多いという点には注意が必要です。
まず挙げられるのが、内服薬などの勃起治療薬で包茎を治療する方法があります。勃起不全障害を治療する際に使用されるものですが、包茎治療に使用されることも少なくありません。皮を被っているように見えても医学的には包茎でない場合もあるので、より勃起しやすくなるようにするバイアグラなどが処方されることもあるわけです。若いうちであれば自宅で少しずつ皮を剥いていくという方法もあるので、必ずしも皮膚を切除する必要がないということは憶えておくと良いでしょう。

まとめ

包茎の種類によって、さまざまな包茎治療の形が存在しています。一般的には、皮が被っている部分を一部切除し、短くしたところで接合する方法が用いられていますが、軽度の包茎だと切除する必要がない場合もあります。その際はバイアグラなどの内服薬で包茎を緩和するなどの方法が主になるので、安全に包茎治療することが可能です。しかし、勝手に包茎の種類を判断して治療するのではなく、一度クリニックを受診して診察を受けることが包茎治療をする上で大切になります。

注目の投稿

包茎治療の仕上がりに納得できない場合は修正手術を

基本は正しい包茎治療を 包茎治療にはいくつかの形式がありますが、亀頭部分にまで被るような皮を切除するための手術Continue reading

コメントなし

包茎治療の術後の過ごし方と注意点

治療後3日間くらいは安静にしていた方がいい 包茎治療の術後は、最低でも3日間くらは安静にしておくのがおすすめでContinue reading

コメントなし

包茎治療を受ける方法や治療の流れ

安心して治療できるクリニックを探そう 多くの男性の悩みである包茎も、包茎治療を受けることで解消できることがほとContinue reading

コメントなし

包茎治療にも種類がある!自分に合った治療法とは

包茎治療にはどんな方法がある? 多くの方が悩む包茎ですが、治療方法がわかっていないと中々不安でクリニックに行くContinue reading

コメントなし

クリニックを探す前に知っておきたい包茎治療の基礎知識

現在は包茎で悩んでいる人が50%以上いる言われています。そのような時に、「病院の泌尿器科だと包茎治療できるのかContinue reading